未分類

肌の乾燥対策

こんにちは(#”#)
この数日は小春日和が続いているので過ごしやすいですね。

でも気になるのが乾燥。。。
お肌も乾燥してカサカサに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今日はお肌の乾燥対策について書いてみたいと思います。

皆さんも冬場は保湿クリームを塗るなど、対策はされていらっしゃると思いますが、私が実践していることを少し書くので、参考にしていただければと思います。

気温の低い冬期は、血管を収縮させて熱の放出を防ぎます。
このため、冬の肌表面温度は低くなります。
外気温の変化に適応し、人間の身体は上手く出来ていると感心してしまいます。

でも感心してばかりいられない日常生活での肌乾燥。。。
コロナ禍で手洗いや手指消毒を頻回にしていますので、手荒れや指先のヒビ割れに悩んでいらっしゃる方も多いようです。

先ずは、手肌の乾燥対策ですが、ハンドクリームの使用を欠かさないことです。水洗いだけでも皮脂は奪われますが、ハンドソープを用いた手洗いで更に皮脂は洗い流されてしまいます。
手洗い後にアルコール消毒もダブルで行っていらっしゃる方もいるようですが、手洗いが十分であればアルコール消毒は不要です。
外出先で流水の手洗いが出来ない場合に、設置されているアルコール消毒をするようにしましょう。
まめにハンドクリームで保湿することが最も大切です。医療従事者もハンドクリームは欠かしません。
バッグにハンドクリームを忘れずに入れておきましょうね!
昼間はベタつきのないハンドクリームが菌やウィルスの付着予防の観点からもお勧めです。寝る前には油分を含んだハンドクリームを塗り、必要に応じて綿の手袋を付けておくと翌朝にはかなりしっとりします。

次にお顔と全身の保湿対策ですが、基本は刺激を与えずにやさしく洗浄することが重要です。ゴシゴシ洗浄は肌を傷めるだけでなく、乾燥の原因になります。

洗顔後、入浴後ですが、時間をおかずにローションや乳液で保湿してください。水気があるうちに化粧品で潤いを十分与えてあげることが乾燥対策への近道です。
入浴で潤った皮膚は、どんどん水分が減少してしまいます。
化粧水だけでは保湿力に持続性がないので、乳液やクリームを塗って潤いのベールで包んであげてください。

私は浴室にいる間に化粧水をつけます。
皮脂分泌の少ない足や踵などには肌が濡れている間にオイルを塗り、マッサージをします。
手を使って塗り広げますから、手肌の乾燥もケアできますから一石二鳥ですよ!

1日の疲れを癒やす入浴。
汚れを落とすだけでなく、全身のケアをするには絶好の場所です。
浴室の湯気を大いに活用してください!!

弊社のCC入浴料N(ニガリ原液)は浴槽に入れて温まるだけでなく、入浴出来ない時に足湯に使うだけでも全身がポカポカに温まります。
ミネラルたっぷりですので、浴室での全身肌ケアに本品も合せてお使い頂けるとうれしいです(#”#)