未分類

紫外線対策

こんにちは(#”#)
4月も半ばになり、今日の日差しは初夏を感じるくらいです。
いよいよ、紫外線対策が気になりはじめましたね?

シーコスメでは2タイプの『日焼け止めクリーム』を販売していますが、今日はこの”日焼け”についてちょっと書いてみたいと思います。

化粧品を販売するためには【化粧品製造販売届書】というものを都道府県知事に提出します。

FD申請という電子ソフトを使って届出をするのですが、『日焼け・日焼け止めクリーム』という化粧品の種別があるのです。

数ある種別名称の中から選んでクリックするわけです。

シーコスメでは紫外線散乱剤を配合した紫外線対策用のクリームを販売したいので、この種別を選択することになります。

これは、実際の届書の種別部分の抜粋です。

一般に多くの人に馴染みのある『日焼け止めクリーム』という単語なのですが、”日焼け”=”小麦色の肌” という固定概念がありますから
”このクリームを塗ると肌が黒くならない!” という強い期待感を持ってしまうでしょう。

シーコスメのCCデイリークリームおよびCCナチュラルUVクリームはどちらも
紫外線吸収剤を使っていませんので、SPF値も高くありません。
美白作用のある成分も配合しておりませんので、そこそこ小麦色の肌にはなります。

「日焼け止めクリームと書いてあるから買ったのに騙されたわ!」なんて思わないでくださいね。

シーコスメでは肌のターンオーバーサイクルを狂わさないことが健康肌にとって最も重要だと考えています。

紫外線は外部刺激ですから、肌のターンオーバーサイクルを狂わしてしまう原因になります。

帽子や日傘をさして紫外線対策をするように、肌にも直接クリームを塗って守ってあげましょう!というものです。

日本化粧品工業連合会JCIAのHPより抜粋したものをご覧ください。

紫外線防止用化粧品』この表現が『日焼け止めクリーム』より適切だと思うのですが。。。
この電子ソフトの種別ですが、何とかならないでしょうか。。。

ターンオーバーサイクルが正常に働いていれば小麦色になった肌もいずれ垢となって剥がれ落ちていく運命です。

ちょうど、玉ねぎのようです!

    

剥がれ落ちる運命の角質層の下にはきれいな肌が準備されています(#”#)