未分類

紫外線対策をしてウォーキング!

こんにちは(#”#)
関東地方も梅雨入りし、湿度の多い季節になりましたね。
これまで経験したことがないマスク着用での生活になりますから、くれぐれも熱中症に気をつけましょう!

さて、紫外線も気になる季節到来です。
私はガーデニングをしていますので1年中、紫外線対策クリームを塗って過ごしていますが、参考までに気象庁がまとめた2019年6月~8月のデータを添付しますね。
東京でもこの状態です。

海に出かけなくても紫外線対策のベースクリームは塗る習慣をつけましょう。
夏の時期は汗をかきますので、せっかく塗ったベースクリームも汗を拭くごとにとれてしまいます。。。
朝、塗ったからといって安心せずに、まめに塗り直してくださいね。

とはいえ、屋外で太陽の恩恵をいただくことも忘れないでください。
ビタミンDは太陽の恩恵です。
紫外線をある程度浴びることは、健康を維持するために必要です。
紫外線を浴びることで、体内でビタミンDが生成されます。ビタミンDは、食物からのカルシウム吸収を促し、血液中のカルシウム濃度を一定の濃度に保つ働きがあり、骨格を健康に維持するのに役立ちます。
骨量を保ち、骨粗鬆症を防ぐためにビタミンDは必須です。

紫外線の量は季節や場所、時間帯によって変動し、皮膚のタイプによっても変わりますが、1日に必要な日光照射時間は、夏であれば15〜30分程度で十分です。

11:00~14:00頃を避けて、ウォーキングなどで太陽の恩恵をいただくようにしましょう!