未分類

梅雨のカビ対策について

こんにちは。
今年の梅雨は長いですね~
どのご家庭でもカビが気になっていると思います。

今日は梅雨のジメジメ。。。。高温・多湿で繁殖してしまうカビ対策について書こうと思います。

カビは「真菌」という菌類の一種です
家の中で繁殖するのは黒カビ、白カビがほとんどです。
カビの繁殖しやすい環境は、「温度」が20〜30℃、「湿度」が70%以上
浴室は高温・多湿なうえに皮脂や石鹸カスなどの「養分(エサ)」がありますからカビにとっては絶好の繁殖場所ですね。。。
浴室は使用後に冷水シャワーでタイル面等を洗い流して、水分を拭き取るだけでもカビの繁殖は防げます。

浴室のカビ対策でよく使われるのが『カビキラー』などの塩素系漂白剤ですが、狭い浴室での使用は健康被害を避けるために十分な注意が必要です!

やはり優れものはアルコールだと思います。エタノール(≒アルコール)は成人が摂取しても基本的には無害です。

現在、コロナウィルス感染対策でどちらのご家庭にもアルコールはあると思いますので、是非とも活用してみてください。
水拭きだけでも表面上の汚れは落とせるのですが、根を張るカビはすぐに再発してしまいます。対処が遅れるほどカビは落ちにくくなるので、すぐにアルコール除菌スプレーを使って拭き取りましょう。

普段から掃除のときに、カビが発生しやすい場所にアルコールをスプレーを吹きつけて雑巾で拭き取っておくと予防にもなりますよ。

場所によっては、あらかじめ乾いた雑巾にアルコールを吹きつけて拭き取る方法も
有効的です!