未分類

手指消毒とハンドケア

こんにちは(#”#)
早いもので8月も終わりに近づいてきました。
まだ、猛暑が続いていまので熱中症対策をしてくださいね。

最近、メールで数人の女性から手荒れの相談がありました。
★スーパーや銀行に設置されているアルコール消毒剤が手に滲みて痛い。
★手洗いの回数が増えたせいか、指先がガサガサ。
★アルコール含有の手指消毒剤を使うと手肌が真っ赤になって、かゆい。
★もともと皮膚疾患を持っていたけれど、手指消毒剤で悪化してしまった。

エタノールは消毒用エタノール(76.9~81.4vol%)が最も効果が期待出来るのですが、タンパク除去もあり肌は脱脂状態になります。

新型コロナウイルス感染防止のためには効果的なエタノール製剤による手指衛生なのですが、困りましたね。。。

対策としては、刺激の強い薬用ハンドソープやエタノール濃度の高い消毒剤の使用を避け、寝る前にはハンドクリームで保湿をするケアをするしかありません。

手肌には自身の健康肌に必要な常在菌がいます。
この大切な常在菌が頻回な手洗いと手指消毒により洗い流されてしまっています。

現在、私たち一般人が医療従事者と同等の手指消毒を強いられています。

手荒れを起こした医療従事者の手肌からは病原性黄色ブドウ球菌が検出されることもあり、院内感染の原因とさえなってしまう場合があります。

これは、私たち一般人にとっても家庭内で同様なハイリスク事象を起こす可能性があります。手荒れから他の病原性菌が悪さをしないようにしなければなりません。

コロナウィルスの感染が終息しない中、季節を問わずハンドクリームの携帯は必須だと思います。
忘れてはならないのが、チューブタイプのご自身専用を使うことです!
ジャータイプで家族共用は絶対にしないでくださいね!


手指消毒はハンドケアとセットと考えてくださいね。