未分類

初夏を感じる季節こそ日光浴

こんにちは(#”#)
この数日、初夏を思わせる陽気ですね。
新型コロナウィルスの影響で自粛生活が続くなかで家庭菜園にチャレンジされている方が多いようです。
私もその一人ですが、屋外では日やけを気にする女性も多いのではないでしょうか?
TVの天気予報でも紫外線情報が出るようになってきましたからね。

今日は日光浴の有用性について少し書こうと思います。

”日やけ” はシミの原因といって屋外に出ない方もいらっしゃるようですが、適度な日光浴は私たちの身体に非常に大切なんですよ!

シーコスメでは『日やけ止めクリーム』を販売していますので、相反することを言うなあと思う方もいらっしゃるでしょう。
勿論、過度に直射日光に当たることは環境破壊がすすんでしまった近年では危険です。

人類が作り出したフロンなどのオゾン破壊物質により、オゾン層が大ダメージを受けてしまいましたからね。。。
オゾン層には有害紫外線を吸収する重要な作用がありますから、スッピン肌で屋外で活動をすることは止めるべきだと思います。
是非、保護クリーム(日やけ止めクリーム)を塗ってください!

ただし、屋外で日に当たることも健康維持には非常に重要です。
何故って、私たちの身体にとって必要なビタミンDは日光浴をすることで得られますから。
ビタミンDを食事からは十分に摂取することは困難で、日光に当たることにより皮膚で合成されるんですね。
1日、15分程度の日光浴でも十分です。

近年、ビタミンD欠乏性くる病が乳幼児の間で増えているそうです。
”くる病”は昔の病気のイメージがありますが、ここにきて増えた背景には過度の紫外線対策などでビタミンDが不足している理由が考えられると専門家はおっしゃっています。
適度な日光浴とバランス良い食事」は子供から大人まで必要ですね。

自粛生活からくる運動不足解消に帽子をかぶり、日やけ止めクリームをお顔に塗って散歩をしたり、ベランダでのガーデニングは理想のStay Homeですね♥