未分類

マスク着用による肌アレ対策

こんにちは(#”#)
東京もやっと梅雨明けして、朝から蝉の合唱が聞こえてきます。

毎日のニュースでは新型コロナウィルスの感染者増加がメイン。。。
手洗いとマスクの着用、不要不急の外出を避けるしか成す術がないのですが、ストレスは溜まりますよね。
自分に合ったストレス解消方法を見つけて、うまく乗り切っていきましょう!

さて、女性の方はマスク着用による肌アレも大きなストレスになっているようです。小鼻周り、口元に発疹のようなブツブツが出来ることが多いようです。

これは、マスク着用部分が高温多湿状態の環境になってしまっている上に汗をかくことで菌の繁殖も増えることが大きな要因だと考えられますが、肌の弱い方は接触性皮膚炎を起こしてしまっている可能性もあります。

マスクも肌に接触するものですから化粧品同様、マスク素材にも気をつけてください。布マスクの場合は洗濯石けんや柔軟剤、プリントの染料による肌トラブルも考えられます。

肌アレ対策としては、医療用の綿のガーゼ1枚を肌との接触面に入れておくだけでも違います。出来ればこのガーゼは使い捨てが衛生的です。

ブツブツが出来てしまったからといって、強い洗浄剤で洗顔はおすすめ出来ません。やさしく純石けんで汗や余分な皮脂汚れを洗い流してください。
必要以上にゴシゴシ洗うと常在菌まで失ってしまい、かえってアクネ菌などの好まない菌が増殖してしまいます。
洗顔ブラシも肌に傷をつけることになるので使用は避けてくださいね。


赤みが気になるときには氷水に浸したハンドタオルで赤みの気になる鼻周りや口元をアイスパックしてみてください。
美容液パックよりも効果大ですよ(#”#)