トリクロサン配合のハンドソープは使えません

昨年の9月30日付で”薬用石けんに関する取扱い等について”という通知が厚労省から出ました。
FDAの措置を受けて、日本でも。。。。という内容です。
経過措置があり、1年以内のH29年9月30日までに有効成分を切り替えなさいという通知です。

FDAの発表は次のような内容です。

「通常のせっけんより殺菌効果が優れている科学的根拠はなく、むしろ害になるリスクもあると警告」

19種の殺菌剤のうちトリクロサンとトリクロカルバンは固形・液体の抗菌せっけんに広く使われているが、免疫系に悪影響を与える恐れがある。

FDA医薬品部のジャネット・ウッドコック氏によると「抗菌せっけんは、通常のせっけんと水で洗うより有効であると裏付ける科学的根拠はない」

殺菌剤が長期的には害になる可能性を示したデータもある

弊社では該当する品目が無いという回答書を千葉県の薬務課に提出しましたが、半年が経過してもトクロサンを配合した手洗い石けんや数多くの化粧品類がネット等でも販売されています。

有害性の発表をしたFDAの措置に準じるのであれば、当該商品の販売を野放しにしておくのはどうなのでしょうか???

消費者の健康を考えているとは思えません。。。インフルエンザが流行っている時期には抗菌剤入りのハンドソープで手を洗うコマーシャルが毎日のようにテレビで流れていたのに、効果なしとは・・・

「在庫は売ってしまえばいい」という販売会社もあるでしょう。

購入する私たちが賢くならないといけませんね。

ご家庭にあるハンドソープやマウスウオッシュ、その他の化粧品類のパッケージを是非、見直してください。

詳しくは下記をご確認ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000138223.html

当該成分は19もあります。