CC入浴料N 海洋ミネラルを入浴に!

店長の小松です。

今日は入浴料として販売している“CC入浴料N”について書きます。
販売名に使用したは、にがりの頭文字のNです。

私自身、このインドネシア マドウラ島の【天然にがり】との出会いは20年以上前になります。

妊娠中は花粉症のクスリも飲めませんし、【天然にがり】でうがいをし、鼻洗浄にも使用していました。もちろん、入浴にも使用していました。

産婦人科医に注意をされ、市販の入浴剤の使用は避けていました。
商品カタログにも記載していますが、入浴中に体内に吸収される化学物質のことを考えると特に妊娠中は子宮内で成長している赤ちゃんへの影響を考えるべきなのでしょう。
出産後は赤ちゃんの沐浴剤としても使用していました。

20年前は化粧品原料として ”にがり” はありませんでしたので、食用として販売されていたにがりを入浴剤として使用していましたが、現在は表示名称「ニガリ」として化粧品原料としての使用が認められています。

CC入浴料Nは、ニガリ100%です。海水から天日塩(食塩)を収穫した後の残母液から浮遊物等を取り除いた液になります。

それ以外、添加物は配合しておりません。

分析結果では約80種類の海洋ミネラルを含んでいます。

主要成分は塩化マグネシウム、硫酸マグネシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウムです。

「ニガリをお風呂に入れて効果があるの?」と疑問を持たれる方がいらっしゃると思います。

女性ならば “バスソルト”という言葉や商品を見かけたことがあると思います。

バスソルトは入浴するときにお風呂に入れて使用するものです。

ニガリもバスソルトと同様、海のめぐみです。

バスソルトは欧米で昔から美容や健康に使用されています。
たとえば、『死海の塩』が有名で、ミネラル分を豊富に含むことから皮膚治療やリュウマチの治療などに用いられています。
わざわざ、死海まで治療に訪れる方もいらっしゃいます。

また、塩やミネラルによって体が温められて乾燥や肌荒れを防ぐことから美容にも使用されています。

 

私は子供の頃、夏になると海水浴に連れて行かれました。汗疹(あせも)や湿疹が軽くなるからという理由もあったようです。

これは海水のミネラルが皮膚のトラブル改善に効果があるという昔からの知恵だと思います。

バスソルトは固形ですので、適量をバスタブに溶かして使用しますが “CC入浴料N”は液体ですので、どなたでも簡単に湯に混ぜてお使いいただけます。

ポカポカと体が温まるのはもちろんですが、お湯がまろやかになるのをすぐに実感いただけると思います。

首から下をバスタブに浸けるだけでなく、湯を入れた洗面器に適量を入れてお顔全体を浸けたり、洗髪後のリンス(特に頭皮)にもご使用ください。
特に頭皮のかゆみには効果的です。

精製された塩化ナトリウムのソルトではなく、海のめぐみ 天然の海洋ミネラル“CC入浴料N”を毎日の入浴にお使いください。