化粧品に使用期限はあるの?

昨日は『肌に優しい化粧品』について成分の処方について少し書きました。
今日は化粧品の使用期限について書きます。

化粧品には使用期限を記載したものと使用期限がないものがありますので、疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか?

私も時々、お客様から問い合わせを受けることがあります。

薬機法(旧薬事法)で化粧品の使用期限についてはルールがあります。
ガイドラインの抜粋を載せておきます。

① アルコルビン酸、そのエステルもしくはそれらの塩類または酵素を含有する化粧品には使用期限を記載しなければなりません。

② ①以外でも製造または輸入後、適切な保存状態のもとで3年以内に性状および品質が変化するおそれのある化粧品については使用期限を記載しなけれななりません。

昨日、防腐剤について少し書きましたが、化粧品に防腐剤が必要な理由は品質を3年以上担保するために配合される場合がほとんどです。

特にシャンプーやトリートメントは、高温、多湿の風呂場に置きっぱなしになることが多いので防腐剤は必要になると思います。

品質を安定させる目的で配合される防腐剤なので、品質管理者は厳しい目にならざるを得ないといったこともあります。このため防腐効果を上げるために複数の防腐剤の組み合わせをする場合もあります。

一般的に製造メーカーでは、3年以上の品質担保をする方法として温度、湿度、光の条件を悪条件にした過酷試験や加速試験といった試験を行います。

これらの試験で品質管理上、問題がないと判断された場合に使用期限の記載はしなくてもよいことになります。

もちろん、長期保管試験といった試験も行います。
これは、一般消費者が購入した場合と同条件を想定して継続的に行う試験ですが、保存サンプルを使って定期的に性状(におい、乳化の分離、カビの発生の有無など)の確認試験を実施します。

このように化粧品ひとつでも品質管理は大変な業務になります!

化粧品容器も品質安定のためには必要です。

弊社では化粧品にジャータイプの容器を使いませんが、理由があります。
ジャータイプの容器のクリームの場合、使用するたびに蓋を開けて指を使うので
やはり、防腐剤を組み合わせで処方しなければならないからです。
空気に触れる分、酸化防止剤も多く処方する必要が出てくるでしょう。

このように様々な検証をしながら商品化をします。

最後に消費者の方にもお願いがあります。

開封後の化粧品はなるべく早く使い切ってください。

前職で「数年前に買って、少し使ったけど大丈夫でしょうか?」というお問い合わせを受けたことが数多くあります。

答えは「NO!」です。どのような場所に保管されていたかわからないからです。

肌トラブルの原因になる場合もありますから、やめてくださいね(#”#)